タクシー求人の内容を知ろう【東京でタクシードライバーを目指す】

東京でのタクシー求人の数

東京では多くのタクシー会社が、タクシー求人の募集をかけています。最近では、オリンピックも近いことから、多くの外国人が日本に訪れているため、通常のドライバーと同じように語学力に強いドライバーも募集している会社が多いです。

タクシーの便利なサービス

  • 定額制タクシー
  • プレミアムタクシー
  • 観光タクシー
  • 陣痛タクシー

タクシー求人の内容を知ろう【東京でタクシードライバーを目指す】

運転手

女性のドライバーも募集している

タクシー求人の多くは、男女兼用での募集となっています。日勤のみの出勤時間帯のために、深夜勤で心配な点も少なく、また午前中はお年寄りや女性の利用が多いために、女性タクシーが利用されるケースも少なくないため、女性ドライバーは重宝されます。

タクシー

タクシー求人はハイヤーも募集する

タクシー会社がタクシー求人と共に出すのが、ハイヤー求人です。このハイヤーとは、タクシーと違い、決まった場所に決まった時間、決まったお客さんを乗せ、決まった道のりを走るため、道を間違える心配もありません。

タクシードライバーの1日の流れ

メンズ

出勤したらまず専用車の点検

タクシーは主に2人で1台の専用車を利用します。そのため、自分が出勤した際にはまず、相方からの引き継ぎを受け取り、車の点検を行います。オイルやバッテリーなども、チェックしておく必要があります。

お客さんを探しながら車を走らせる

タクシー業は流し仕事と言われるものになります。お客さんは停留所にいる事もあれば、全然関係ない路上にいる事もあります。様々なポイントを決めて、車を流すドライバーも多くいます。

適度に休憩を挟んでいく

タクシードライバーの1日は長いです。夜勤や日勤で分かれていれば、8時間業務になりますが、通しの場合は、25時間も車を走らせます。その際は、合計3時間の休憩を取ることができるため、自分で好きな時間に休憩を挟めます。

会社に戻ってきて相方に車を引き継ぎ帰宅

勤務が終わり、会社へ帰宅したら、相方への引き継ぎを日報に記載します。そして、売上を会社に渡すことで、1日の全業務が終了になります。大変な仕事ではありますが、慣れてくると、休みも充実しているために、楽しめると言われています。

広告募集中