東京でタクシードライバーを目指そう

様々なニーズで活躍する事ができるタクシーですが、最近では各地で多くの観光客が利用しています。特に東京などでは、外国からのお客さんも多いため、多くのタクシー求人が出されています。

タクシーを利用される理由

  • 観光
  • 買い物
  • 通勤通学
  • 通院

介護タクシーも注目されている

最近注目されている介護タクシーですが、ドライバーは通常のタクシードライバーではなく、介護職員初任研修以上のスタッフが、ドライバーとなるケースが多いです。それは、乗車したお客さんの「介護サポート」までが、サービスの一環になっているからです。たとえ簡単な乗り降りでも、介護関連の資格を持っていないドライバーは、サポートすることができないため、介護タクシーには介護資格者が求められます。

タクシー求人に応募して東京でドライバーになろう!

初心者マーク

勤務体制は会社によって異なります

タクシードライバーの勤務体制は、「日勤」、「夜勤」、「隔勤」の3つに分けられます。タクシー会社によっては、女性は日勤のみなどの勤務体制もあるため、タクシー求人に応募する前に、確認する必要があります。また、勤務体制ごとに休日も変わってきますので、必ずチェックしましょう。

JOB

女性ドライバーの採用も多くなってきた

最近では、タクシーの女性ドライバーも大きく注目されています。一昔前まではタクシードライバーは男性と思っていた人も多くいますが、子供の送り迎えや女性一人の乗車の際に、女性ドライバーを希望する声は、ちらほらと聞こえていました。そのため、女性ドライバーはリピーターを作りやすいとも言えます。

面接

タクシードライバーには2種免許が必須

タクシードライバーは法律上、2種免許取得者でなくては運転する事ができません。しかし、多くの未経験者は2種免許を取得していない場合があります。その際でも、「1種免許取得後3年以上」に達している場合、会社からの補助などで、2種免許を取得する事ができます。

女の人

スピード取得には合宿免許を利用しよう

タクシー求人で採用され、2種免許を取得後にドライバーとして働くと分かっていても、運転出来なくては仕事になりません。そのため、焦って免許を取得しようとする人も少なくありません。そんな時は、合宿免許を利用しましょう。早くて安いが利点の合宿免許を利用する事で、仕事に就けるのも早くなります。

タクシードライバーへの疑問・質問

履歴書

未経験者でもタクシードライバーになれるのか

タクシー求人に応募される人の約7割から8割が、前職はドライバーとは関係のない未経験者の人ばかりです。そのため、入社後は研修を受けてもらうことで、タクシーの機材や走る道に慣れてもらいます。安心して業務に取り組んでもらうことができるよう、サポート体制もばっちりです。

広告募集中